スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス書院文庫!

フランス書院文庫!?って知ってますか?書店の片隅にひそかに並んでいる黒い背表紙のカッコイイヤツらです。



大人になったらいつか読むんだ!と読書少年だった自分は、憧れを抱いていたのですが…実際はいまだに読めていないのです。友人がいなかった自分は、図書館で1年間に400冊を超える本を借りるなど本とともに過ごしました。そんな中で、近所の空き地に打ち捨てられたエロ本を、家のそばに移動させて隠したりもしたもんですが、子供の頃って想像力と記憶力が豊かでしたよね。



家に帰ってからも、数時間前に見たエロ本の画像を脳内で再生出来たんです。今は…っていえばさっきしたことすら覚えていないわけで、レンタル屋で同じビデオを二度借りたりとか情けない限りです。



で、何が書きたいかというとですね、この記事のためにフランス書院文庫のサイトに行ったところ、ぼつぼつ「2010 このフランス書院文庫がすごい!」の発表があるのかもです。なんと!昨年はクリスマスに公開されたようで、編集部の粋な計らいに爆笑しました。今年のクリスマスこそ、フランス書院文庫に初挑戦するぞっと!



クリスマス、本屋で女性の店員からフランス書院文庫を買う…なんて罰ゲームなんでしょ!?w


ポチっといただけると嬉しいです!


テーマ : つぶやき
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

フランス書院であれば

sony readerの記事を検索してたどり着きました。貴重な人柱報告ありがとうございます。私はまだ現物が届いていないのですが、そのときには活かさせていただきたいと思います。

ところでフランス書院初挑戦ですか!

これも是非電子書籍で試してみては如何かと思います。公式ページや各種販売サイトもpdf版を扱ってますし。

ただ、くれぐれも行き当たりばったりで買ったりせず、公式ページ等でじっくりとキャラクターやシチュエーションを分析し、かつ自らの性向と照らし合わせて慎重に選択された方が良いと思います。合わないと嫌な読後感ばかり残ったりすることも多いですから。

なるほど電子書籍版!

>ぱ~ぷさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
人柱ネタがお役に立てたのでしたら良かったです。最初はどうしようかと思いましたから。うわっ、本売ってない!って…

フランス書院初挑戦、確かに電子書籍って手もありますね。ついつい、クリスマスイブに女性の店員からフランス書院文庫を購入する自分に酔っていました。冷静に考えたら、本屋には一部のしかないですもんね。

公式ページもじっくりチェックして、人はなぜ活字にエロを見出すのかについても分析したいと思います。またどうぞ!
プロフィール

Brief187

Author:Brief187
いらっしゃいませ!
37歳独身の男おいどんです、現実逃避気味なBlogですがよろしくお願いします。アルジャーノン”から”にあえてしています。

最新記事
広告
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
934位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
463位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。